透析治療とシャント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
糖尿病と自宅検査キット

透析治療とシャントは、切っても切り離せない関係にあります。

特に在宅透析を行う場合、介護者と患者本人がシャントの管理・消毒をする必要があるので、使い方に注意が必要です。

今回は、シャントの取扱方法から仕組み・よくあるトラブルまでをご紹介したいと思います。シャントについて詳しくみていきましょう。

透析に使用するシャントの種類

一概にシャントと言っても、種類があることをご存知でしょうか?シャントの基本的な構造は同じですが、シャントを入れる場所によって種類が分かれています。

血液透析を行うためには、シャントを利用することが不可欠です。今回は、そんなシャントの種類から構造、シャント以外に用いられるバスキュラーアクセスについて詳しくみていきましょう。

透析患者でも意外に知らないシャントの種類~自己血管と人工血管~

透析とシャントの種類

シャントの自己管理方法

シャントの寿命は平均で3~5年と言われています。週3回透析治療を行う場合、一年間で300回もシャントを使うことになるので、使い方に気をつけないとシャントがすぐに傷んでしまいます。

シャントをトラブルなく長く使用するためには、シャントを正しく自己管理することが大切です。また、毎日の食事の栄養バランスもシャントを長く使用することに実は関係しています。

ここでは、シャントの自己管理の仕方からトラブルの回避方法までをチェックしていきましょう。

透析患者必読!シャントを自己管理して5年以上長持ちさせよう

シャントの自己管理

シャントによくあるトラブルと対処法

透析治療においてシャントを使用する際に、特に多いトラブルが「脱血不良」です。シャントはとてもデリケートなものなので、脱血不良を起こした場合にまず考えられるのがシャント側の問題か針を刺す際の穿刺ミスです。

また、シャントが原因で腕が腫れる静脈高血圧や指先が紫色に変色して冷たくなるスチール症候群を起こすこともあります。

今回は、シャントによって引き起こされるよくあるトラブルと、トラブル防止のためのた対処法について詳しくみていきましょう。

脱血不良!?透析中のトラブル対処法と原因を知っておこう
【チェックリスト付き】透析に使うシャントとよくあるトラブルって?

透析でのシャントトラブル

SNSでもご購読いただけます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>