人工透析と食事・栄養素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
937c2c0c72d890eacd33b686a5d6b4ba_s

糖尿病によって腎臓の機能が低下して人工透析を受けることになった場合、糖尿病治療時と食事における注意点が異なることに気をつけなければなりません。

糖尿病の食事療法の場合には食事のバランスや摂取カロリーがポイントとなりますが、人工透析では摂取する食事によって老廃物を増やさないことがポイントとなります。

今回は、糖尿病治療と透析治療時の食事のポイントの違いや、透析の食事療法のポイントなどについてみていきましょう。

透析治療と食事のポイント

透析治療を受けている場合、食事において水分量や塩分量・摂取するタンパク質量などに配慮する必要があります。

糖尿病治療における食事療法とは異なる点も少なくないので、糖尿病から人工透析に移行した場合には特に注意が必要です。

ここでは、人工透析治療を受けている場合に注意したい食事ポイントや、糖尿病の食事療法との違いや根本的な考え方についてみていきましょう。

糖尿病食とは違う?透析患者の食事療法4つのポイント
食事も治療のひとつ!透析治療と食事で気をつけるべき4つのポイント

透析と食事

人工透析と気をつけたい栄養素

人工透析において、「老廃物を極力体内に溜め込まない」ことが治療のポイントになってきます。体内に溜まりやすいカリウムやリンといった栄養素については特に注意が必要です。

ここでは、カリウムやリンを多く含む食品や、カリウムの摂りすぎによって起こる「高カリウム血症」・リンの摂りすぎによって起こる「高リン血症」について詳しくみていきましょう。

【高カリウム血症の防止に】人工透析とカリウムの関係・調節ポイントまとめ
リンが溜まると寿命が縮まる?透析患者のリン制限について

透析と塩分・栄養素

SNSでもご購読いただけます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>