人工透析と助成金・福祉サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人工透析を受けている人数は年々増加しており、約400人に一人が人工透析を受けているのが現状です。

人工透析には年間400万円~600万円ほどの医療費がかかり、助成金を申請することで医療費用負担を軽減することができます。

今回は、人工透析を受ける際にかかる費用から受けられる助成金の種類・福祉サービスや障害年金について詳しく解説していきます。

人工透析と助成金について

助成金申請などを受けなかった場合、年間なんと400万円~600万円を人工透析において医療費用が発生することになります。

人工透析において受けられる助成金は、年齢や所得によって微妙に変わりますが、人工透析の場合長期治療が必要な特定疾病に指定されている「慢性腎不全」に該当するので大幅に医療費の自己負担を軽減することができます。

ここでは、人工透析を受けるにあたり必ず確認しておきたい医療費負担と受けられる助成金について詳しくみていきましょう。

年間600万円!?人工透析の医療費と必ず知っておきたい医療費助成制度
自治体からも?透析治療で受けられる助成金制度を知ろう

人工透析と助成金

人工透析と福祉サービス・障害年金

人工透析を受ける場合、助成金だけでなく相続税や贈与税においても免除を受けられる可能性があります。

また、タクシーや駐車においても免除や割引を受けることができるので、知っておくと良いでしょう。さらに障害年金の申請を行えば、「障害年金2級」に該当する障害年金を受け取ることが可能です。

ここでは知っておきたい福祉サービスや障害年金を受ける条件などについて確認しましょう。

【障害者手帳で医療費を免除】人工透析と福祉サービス・障害年金を受ける流れ

人工透析と障害年金

SNSでもご購読いただけます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>