予防

糖尿病と合併症

0893a72e5c022bb1dfedb81ea4eaaafa_s

糖尿病で最も注意したいのは、合併症を引き起こすことです。合併症を発症することで、将来的な医療費が増えるだけでなく寿命が縮む可能性が高くなるからです。

また、実は糖尿病とがんは密接な関係性にあります。今回は、糖尿病と各合併症の関係や症状・注意点、がんとの関係についてみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病の早期発見と予防・改善策

a5a0407feab94b2ee2151b81cefdea8c_s

糖尿病を悪化させないためには、早期発見と治療・生活習慣の改善が何よりも重要です。

今回は、糖尿病の早期発見・予防につながるポイントから糖尿病を悪化させて人工透析を受けることにならないために大切なことを確認したいと思います。

糖尿病の治療は、患者さんご本人だけでなくその家族の協力も大切です。糖尿病改善においてご家族も含め知っておきたいことについてまとめました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠糖尿病とは

cd2917412be793e397b85278f1c53287_s

妊婦さんの場合、妊娠によってホルモンバランスなども変わることから妊娠糖尿病に注意が必要です。

妊娠することでインスリンの働きを抑えるホルモンが分泌され、糖尿病になりやすい状態となるからです。また、妊娠時に糖尿病となった場合、糖尿病になりやすいというサインにもなります。

今回は、妊婦さんや妊娠を考えている方がチェックしておきたい妊娠糖尿病について詳しくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生涯かかる医療費は?糖尿病にかかる費用について

e26479a560b17564c6167ccf66dbd810_s

糖尿病は一度発症すると生涯つきあうこととなる病気です。

糖尿病によってかかる医療費は、合併症の有無・発症年齢・治療法によっても差がみられます。特に合併症の数が多く、発症した年齢が若いほど医療費は高くなる傾向にあります。

まずは糖尿病において生涯必要な医療費について具体的にみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病で本当に怖いのは「しめじ」よりも「えのき」。合併症のリスクを知ろう

4c5f68051a16923fd57cfbc81be65de8_s

糖尿病の三大合併症の頭文字を取った「しめじ」。糖尿病の治療を行うことは、この「しめじ」の合併症にならないためにも重要です。

しかし、実は糖尿病予備軍からなる可能性のある合併症の3つの頭文字を取った「えのき」にも注意が必要なことをご存知ですか?実は「しめじ」よりも危険なのは「えのき」との指摘もあります。

今回は、そんな糖尿病の合併症「しめじ」と「えのき」の示す合併症と、それぞれの症状について詳しくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【意外と知らない】糖代謝と老化の深い関係って?

889ec7c9741efb98425e45312a9765df_s

糖尿病は生活習慣や運動不足などさまざまな原因が伴い、多くの場合発症します。「糖代謝」も糖尿病につながる要因のひとつです。実は、老化に伴い「糖代謝」が悪くなることで、いつの間にか糖尿病になっている場合があることをご存知ですか?

老化に伴って糖尿病になると、認知症などのリスクを高めることにつながるので注意が必要です。今回は、「糖代謝」と「老化」に着目し、みていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腸内フローラの乱れが糖尿病に影響?善玉菌を増やす食生活を心がけよう

腸内フローラ

ヨーグルトや納豆は健康食なので、積極的に食べた方が良いという話はよく聞くはずです。それは正解なのですが、なぜ良いのか説明できる人は少ないのではないでしょうか?

腸内にはたくさんの細菌が住み着いていますが、腸内細菌の集団を「腸内フローラ」と呼びます。最近、大学の研究チームが2型糖尿病患者は腸内フローラのバランスが乱れやすいと報告しました。

そこで今回は腸内フローラと糖尿病の関係を探っていきたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【妊娠さん必読!】妊娠糖尿病を予防するための3つのポイント

妊娠糖尿病の予防

以前、糖尿病チャンネル内で記事として紹介した妊娠時に発症する「妊娠糖尿病」。

簡単に説明すると、妊娠前には糖尿病ではなかった人が妊娠中のホルモンの影響をうけて糖代謝がうまくコントロールできなくなり発症するのが妊娠糖尿病です。

原因のひとつに、妊婦さんの胎盤内でタンパク分解酵素が作られるために、インスリンが分解されてしまうことがあります。

妊娠糖尿病は一過性であることが多く、生活習慣を見直すことで血糖値をコントロールできます。今回は、妊娠糖尿病を予防するためのポイントにフォーカスして詳しくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でカンタン!検査キットを利用して糖尿病を予防しよう

糖尿病と自宅検査キット

2015年12月に厚生労働省が発表した「患者調査」によると、糖尿病の患者数は約316万6000人。さらに「国民健康・栄養調査」によれば、男性の約16%、女性の約10%に糖尿病の疑いがあるとか。これは、人数でいうと約1100万人に上ります。

しかし「もしかして糖尿病かも」と思っていても、なかなか病院に行く時間がとれない人も多いのでは。じつは自宅で簡単にできる糖尿病検査があるのです。自宅でできる検査キットや薬局で行う簡易検査を利用して、糖尿病の疑いがあるかを簡単にチェックしてみましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加