【塩分を控えよう】糖尿病の食事療法には減塩も重要です

05a443011e8af6f86800f279c21a33bc_s

糖尿病の治療の中でも、食事療法はとても重要な基本となります。カロリーや糖分の多い主食や甘いものを控えるということも大切ですが、食事の塩分を控えることも糖尿病の食事療法において大変重要なことです。

塩分の摂りすぎは高血圧を招き、糖尿病の合併症を発症・進行させます。今回は、塩分の摂りすぎによって糖尿病が悪化する仕組みから、糖尿病の食事療法における減塩のコツやポイントについて詳しく解説していきます。

まずは糖尿病と塩分の密接な関係について詳しくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インスリン分泌を促進!糖尿病薬・SU薬について知ろう

2648707505b64e0cc054cbe4b2c92471_s

自分や家族の飲んでいる糖尿病の薬が、それぞれどのような作用を持つ薬であるか理解していますか?糖尿病の飲み薬であるSU薬は、インスリンの分泌を促して血糖を下げるタイプの薬です。SU薬の代表的なものとしてはアマリール、オイグルコン、ダオニールなどがあります。

全体的に血糖値が下がるため、空腹時の血糖が高い人には有用ですが、同時に血糖が下がりすぎて低血糖を起こすリスクもあります。

SU薬のメリットと副作用を知り、服用にあたって気を付けたいことを再確認しましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マグネシウム不足が原因!?糖尿病とマグネシウムの意外と深い関係とは

16930135b0e78f178f8316cc746ccdc9_s

ミネラルの一種であるマグネシウムですが、「マグネシウムを摂りましょう」とはあまり聞かず、目立たない栄養素かもしれません。

実は、マグネシウムが不足すると、糖尿病をはじめとする生活習慣病のリスクが上がることがわかっています。

今回は、意外と知られていないマグネシウムと糖尿病、そのほかの生活習慣病関係性について詳しく解説したいと思います。

マグネシウムのはたらきや、マグネシウム不足が糖尿病を発症するメカニズムについてみていきながら、マグネシウム不足を解消することで糖尿病のリスクを下げる方法を学んでみましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8人に1人が人工透析予備軍!腎臓病を進行させないポイント

d37ab738aac2ab2b204601cf1fb4a65c_s

腎臓病があると、将来的に透析治療が必要となる可能性が高くなります。さらに腎臓病は、死亡リスクの高い心筋梗塞や脳卒中のリスクも高めるのです。

腎臓病の怖いところは、自覚症状がないまま進行して、自覚症状に気付いた時にはすでに進行を食い止めることができない点です。腎臓病と生活習慣とは関連が深く、生活習慣病を伴うと腎臓病の進行も早まります。

腎臓病の発症・進行を防ぐには生活習慣の見直しと早期発見のために定期的に腎機能の検査を受けることです。腎臓病と透析治療について、また、腎臓病の予防について詳しく見ていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【意外と知らない】糖尿病患者は鼻血が出やすい7つの理由

3029aa01b4f68c65b8a2f6d74f1144a5_s

実は、糖尿病患者さんの場合、鼻血が出やすいことをご存知ですか?

糖尿病患者は高血糖により血管がもろく傷つきやすくなります。また、糖尿病患者は高血圧や腎症、動脈硬化、脂質異常症、肝機能障害を合併しやすく、それらの合併症の影響によって鼻血が出やすくなります。

合併症の治療で飲んでいる薬の影響で鼻血が出やすくなっている場合もあります。鼻血が出る仕組みについて知ってから、なぜ糖尿病だと鼻血が出やすくなるのかについて探っていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

透析導入期は要注意!不均衡症候群について知ろう

d0adb08fbbff477866d5c10730eb1401_s

不均衡症候群は血液透析導入時期にみられる合併症です。

体内の変化によって、頭痛や吐き気といった症状がみられます。今回は、不均衡症候群とはどのような合併症であるのか、また、不均衡症候群の予防策について詳しく解説していきます。

さっそくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リスクが2~3倍に!糖尿病による脳梗塞のリスクと対策を知ろう

136f5785c22b2877e3c3a90991b55ad2_s

脳梗塞は脳の血管が詰まって細胞がダメージを受け、身体の麻痺や感覚障害、言語障害、高次脳機能障害などの後遺症をもたらし、重症になると死に至ることもある病気です。

なんと糖尿病患者さんの場合、脳梗塞のリスクは約2~3倍になるといわれています。脳梗塞にはいくつかのタイプがありますが、糖尿病はすべてのタイプの脳梗塞を発症しやすくすることがわかっています。

今回は、脳梗塞とはどのような病気なのか、糖尿病と脳梗塞の関係にと対策について詳しくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月から保健適用!針を刺さない血糖値測定器って?

eb6298f400e0a44ee1d0d01b6cdf48e7_s

FreeStyleリブレは2017年9月から保険適用となった、針を刺さない血糖測定器です。フラッシュグルコースモニタリングシステムにより、皮下の細胞間に含まれるグルコース濃度を測定することができます。

腕に装着したセンサーに専用のリーダーをかざすだけで測定でき、仕事中や外出中でも手間なく、人目を気にすることなく測定できます。今回は、そんな保険内で使用できる血糖測定器について詳しくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【意外と知らない】糖尿病の医療費自己負担額軽減のコツ

fd51d1ad7ab948a0cad7ac1de999cd28_s

糖尿病の毎月の自己負担額は、合併症の有無やインスリン治療をしているかどうかによりかなり変わってきます。毎月の負担となる糖尿病の医療費は、ジェネリック医薬品の利用とインスリン製剤や注入器の変更で軽減することが可能です。

今回は、糖尿病の医療費を軽減するためにはどのような方法であるのかを詳しくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加