【要チェック】急な体重減少は糖尿病悪化のサインかも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
糖尿病と体重減少の関係

糖尿病は、肥満の人がなりやすい病気だと思ってはいませんか? 高カロリーの食事で肥満状態になると、血糖値が上がって糖尿病になることが多いのも事実です。

でも実は、糖尿病の症状がさらに進行するとどんなに食べても体重が減っていくのです。それはいったいどういう理由なのでしょうか?

糖尿病と体重の関係、体重が減る理由について詳しくみていきましょう。

体重増加は糖尿病の初期症状

糖尿病とは、血糖値をコントロールするはずのインスリンが、うまくはたらかなくなって起こる病気です。糖尿病になると、食事から摂取したエネルギーが十分に体内に取り込めなくなります。その取り込めなくなったエネルギー、つまり糖分が血中にあふれ高血糖の状態になってしまうのです。

インスリンが体重増加の原因に

必要なだけのエネルギーが取り込めないと、人間の脳は「エネルギーが不足している」と判断します。そして「もっとエネルギーとなる食事をとれ」という命令を脳が出すことで、食欲が旺盛になってしまうのです。

そのとき食欲が満たされるまで食事をとってしまうと、エネルギーが脂肪として体内にどんどんたまっていって体重が増えてしまいます。

しかしインスリンがうまくはたらいてくれないため、いくら食べても十分にエネルギーを取り込むことができません。そして体はさらに飢餓状態となりますます食欲が増え取り込めなかったエネルギーが脂肪として蓄積され、結果として体重が増えるという悪循環に陥ってしまうのです。

糖尿病の悪化で体重が減少する理由とは

糖尿病で伴う体重減少

食欲にまかせて暴飲暴食を続けていると、糖尿病によるエネルギー代謝異常が次第に進行していきます。すると、初期の状態では正常に機能していた臓器や血管などにもエネルギー不足が広がり、さまざまな器官かダメージを受けてしまいます。その結果、今まで取り込めていたエネルギーまでも吸収できなくなってしまうのです。

いくら食べてもエネルギーを吸収できなくなると、脳は非常事態だと判断して「体にため込んだ脂肪をエネルギーとして使え」という命令を出します。これが体重の増加から減少に転じるきっかけです。

急な体重減少には要注意!

すでに食べたもののほとんどが吸収されないまま排出される体になっていますから、使われた分の脂肪を新たにため込むこともできません。そしてどんどん体重が減っていくのです。

体重が増加傾向にあるときは、まだ糖尿病の初期段階です。食事制限や運動によって、病状を改善することも可能です。しかし体重が急激に減りだしたら糖尿病がかなり悪化しているサイン。すぐにでも医師の診察を受けて、治療する必要があるといえます。

治療が必要な体重減少と糖尿病との関係

医学的にはとくに生活習慣を変えていないのに、体重が6ヶ月間で5%以上減ると危険だといわれています。たとえば体重が60kgの人だったら半年で3kg、80kgの人だったら4kg減ったら糖尿病などの病気が疑われます。

もちろん、食事制限ダイエットや運動などで痩せた場合はこの限りではありません。しかし普通体型(BMI25以下)の人の場合、ダイエットであっても体重が半年で10%以上減ったときには栄養失調で治療が必要になることも。さらに20%以上減少したときには、栄養障害・多臓器障害などを起こしている可能性があるのですぐに治療を受ける必要があります。

尿の変化にも注意を

糖尿病と尿の関係

糖尿病の悪化によって体重が減るときには、ほかにも同時にさまざまなサインが見られます。そのひとつが頻尿です。食欲の増加と糖尿病からくる喉の渇きによって、水分をたくさん摂取するために尿量が多くなります。そのため何度もトイレに行くことになり、さらに尿から糖分が排出されてしまうのです。

夜も何度もトイレに起きることになり、睡眠不足からくる疲労がたまってきます。体に吸収されなかった糖分や栄養素が尿に混じって排出されるので、尿の臭いも変わってきます。排出した尿が少し濁っている・よく泡立つようになったといった変化が見られることもあります。

体重の減少に加えてこういったサインが出ていたら、すぐにでも医師の診察を受けましょう。

まとめ

体重が増加するイメージのある糖尿病ですが、体重が減少した場合にも糖尿病が疑われます。特にダイエットをしたわけではなく体重が減ったら要注意です。自分の体の変化をしっかりと観察して、異常を感じたらなるべく早く診察を受けることが大切です。

必ず主治医の先生にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読いただけます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>