東京23区内の優れた透析クリニック7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田端駅前クリニック

透析治療を受けることになった糖尿病患者にとって、自分に合ったクリニックを見つけられるかは大きな問題です。

特に、仕事をもっている場合、時間のかかる人工透析治療で支障が出てくることも多いはず。かといって、仕事を辞めてしまっては生活が苦しくなってしまいます。

そこで、夜間透析をはじめとして患者への様々な配慮を行っている、東京23区内の透析クリニックをご紹介します。ぜひ、あなたにぴったりの透析クリニックを見つけてみてください。

1.東京新橋透析クリニック

住所 東京都港区東新橋1-1-21 今朝ビル7F
電話番号 03-6274-6320
診療時間 月~金曜18:00~23:00、土曜10:00~15:00
休診日 日曜
ホームページ https://www.toseki.tokyo/

JR・東京メトロ・都営地下鉄各線の新橋駅から徒歩2分という、便のよいビジネス街にある透析クリニック。夜間透析を中心に行っているので、仕事と透析治療の両立ができます。

透析中にも仕事をしたいという患者のため、院内にWi-Fi対応のインターネット環境を構築。ベッドサイドでの通話さえしなければ、治療中のスマートフォンやパソコンの使用も自由です。また、ホテルなどで導入されているビデオオンデマンドで、映画やBS放送が無料で鑑賞できます。

治療にはベッドではなくリクライニングチェアを採用。高級外車などで使われている低反発チェアなので、長時間座っていても体への負担が少なくなっています。チェアの位置にも配慮し、治療中に患者同士の視線が合わないようにレイアウトされています。

エントランスやロビーもブラウンを基調とした内装で、透析クリニックとは思えない落ち着いた雰囲気。バリアフリーになっているので、車いすでの利用も可能です。仕事や出張帰りに治療に立ち寄る患者のことを考えて、荷物の収納スペースも豊富に用意されています。

その他、地震のP波を完治する検知装置を院内に設置しています。いち早く地震を察知することで、透析治療中の災害対策も万全。細かい配慮で、安心して人工透析が受けられる環境を作り上げています。

東京新橋透析クリニック

2.品川ガーデンクリニック

住所 東京都品川区大崎1-20-3 イマス大崎ビル2階
電話番号 03-3779-4970
診療時間 月・水・金曜8:00~23:00、火・木・土曜8:00~15:00
休診日 日曜・元日
ホームページ http://www.gardenclinic.org/

内科・泌尿器科・人工透析内科・リハビリテーション科を掲げるクリニックで、併設の血液透析センターで透析治療を行っています。夜間透析や長時間透析、高機能透析にも対応しています。通院での透析治療のほか、在宅透析や腹膜透析も実施しています。

院内には様々な最新の検査機器を揃えていて、いつでも血液検査が可能。超音波診断装置によるシャントの診察や、体組成分析装置で透析患者のドライウェイトを計算するといったこともできます。

移動が困難な患者のため、9台の送迎車による無料送迎サービスも。送迎車は車いすごと乗車できるようになっていて、もちろん院内もバリアフリー構造です。

万が一自宅でなにかトラブルが起こったときのため、24時間365日対応の電話相談や緊急往診体制をとっています。また、専門の栄養士によるライフスタイルに合わせた栄養指導も実施。きめ細やかな対応で、透析患者を支えています。

3.上野透析クリニック

住所 東京都台東区上野2-12-20 NDKロータスビル3F
電話番号 03-5817-8770
診療時間 月・水・金曜8:30~14:30・15:30~22:00、火・木曜8:30~14:30、土曜8:30~14:00
休診日 日曜
ホームページ http://www.uenotouseki-c.jp/

JR上野駅と御徒町駅の間にあり、どちらからも徒歩5分。京成線京成上野駅・東京メトロ銀座線上野広小路駅・大江戸線上野御徒町駅・千代田線湯島駅・日比谷線仲御徒町駅と利用できる路線も多く、便のよい場所にある透析クリニックです。

月・水・金曜は夜間透析を実施しているので、仕事帰りの治療も可能です。週4回透析や長時間透析にも対応しているので、ライフスタイルにあった透析治療が選択できます。

院内のレイアウトはゆったりしていて、透析ベッド同士の間隔も広め。リクライニングチェアタイプの透析ベッドもあり、ベッドタイプにもチェアタイプにも無料のテレビが備え付けられています。透析患者には無料のティーサービスを行っているほか、希望すれば有料で透析中の食事も用意してもらえます。

その他、移動が難しい患者のため、車いすにも対応できる専用送迎車での送迎サービスを実施。透析患者の力になれるよう、様々な面から便宜を図っています。

4.中目黒クリニック

住所 東京都目黒区中目黒1-10-23 シティホームズ中目黒3階
電話番号 03-3791-2066
診療時間 月~土曜9:00~・17:00~
休診日 日曜
ホームページ https://www.zenjinkai-group.jp/eikokai/clinic/nakameguro/

東急東横線中目黒駅から徒歩3分。山手通りと駒沢通りの交差点近くにある透析クリニックです。リフト付き車両と車いす福祉車両を用意して、自宅からの無料送迎サービスも行っています。

透析治療には最新の、オンラインHDF対応全自動透析装置を導入。患者一人ひとりに合わせた、きめ細やかな透析治療を行っています。

また、患者自身が治療情報をPCやスマートフォンで確認できる、腎Webカルテサービスを提供。過去1年分の検査値の推移・現在の透析条件・投薬情報などがいつでも確認できるので、旅先での臨時透析やトラブルが起きた時も安心です。

万が一のときのために、24時間365日対応の問い合わせ窓口を設けています。管理栄養士による定期面談や生活相談なども行い、患者の不安をなるべく解消できるよう努めています。

5.笹塚・代田橋透析クリニック

住所 東京都渋谷区笹塚1-64-8 笹塚サウスビル2F
電話番号 03-5304-1131
診療時間 月~土曜8:30~19:30
休診日 日曜
ホームページ http://www.sd-touseki.com/

京王線笹塚駅と代田橋駅の間、甲州街道沿いという便のよい場所にある透析クリニックです。タクシーや送迎車による無料送迎サービスを行っているほか、クリニックのあるビル内に駐車場も完備。透析患者だけでなくご家族も無料で駐車場を利用できます。

透析治療には最新の機器を導入。オンラインHDF、無酢酸透析、長時間透析などにも対応し、患者一人ひとりの希望に沿った透析治療を行っています。

透析ベッドはベッドタイプとチェアータイプがあり、全台にアームテレビを設置。テレビはもちろん無料で見ることができます。

専門のスタッフがチームを組んで治療にあたるほか、東京女子医科大学病院・東邦大学医療センター・杏林大学医学部付属病院・東大病院・日本赤十字医療センターなど多くの病院と提携。個々の患者に合ったオーダーメイドの医療に取り組んでいます。

6.田端駅前クリニック

住所 東京都北区田端1-21-8 NSKビル4F
電話番号 03-3823-9060
診療時間 月・水・金曜8:30~19:00、火・木・土18:00~23:30(完全予約制)
休診日 日曜
ホームページ http://www.tbt-toseki.jp/

駅前という名前の通り、JR田端駅から徒歩1分という好立地の透析クリニック。電車での便がよいだけでなく、6台分の専用駐車場も用意されているので会社からの帰宅途中に気軽に人工透析が受けられます。

透析管理には、腎臓・循環器・内科・泌尿器科・漢方という複数の専門医が、チームを組んで当たっています。そのため、糖尿病による合併症にも迅速に対応できます。

さらに電子カルテを導入して、すべてのスタッフがデータを共有するよう努めています。電子カルテはiPadで確認・記入ができるシステムになっているので、希望すれば患者自身が検査データを見ることも可能です。

院内はWi-Fi対応になっているため、治療中のスマートフォンやパソコンの使用もできます。治療にはベッドではなく、フルフラットにもなる低反発のリクライニングチェアを使用。すべての治療チェアに備え付けの液晶テレビで、地上デジタルやBS放送も楽しめます。

また、治療チェアには地震警報装置を内蔵。揺れを検知すると、自動的にチェアに備え付けの液晶テレビのスイッチが入り、画面に警告が表示されるようになっています。災害への素早い対応ができる画期的なシステムです。そういったきめ細かい配慮で、患者への負担をできるだけ少なくすることを心がけています。

田端駅前クリニック

7.東京ネクスト内科・透析クリニック

住所 東京都荒川区西日暮里2-22-1 ステーションプラザタワー2階
電話番号 03-5615-1566
診療時間 月~木・土曜8:15~22:30、金曜8:15~22:30・23:00~翌7:00
休診日 日曜
ホームページ http://www.tokyonext.jp/

JR日暮里駅から徒歩1分、築浅の高層ビルの2階にある透析クリニックです。一番の特長は、毎週金曜にオーバーナイト透析を行っているところ。夜間透析も休診日の日曜以外は毎日行っているので、仕事を休むことなく透析治療が受けられます。

週3回透析の場合、休診日を挟む週末はどうしても体の負担が増すものです。しかし、金曜夜のオーバーナイト透析で睡眠中の長時間透析を受けると、体への負担を減らして血圧の安定化や貧血の改善といった効果が期待できます。また、オーバーナイト透析を受ける患者は、院内のシャワールームを1回200円で使用できます。

その他、通常の長時間透析・オンラインHDF・在宅透析などにも対応。移動が難しい患者には、無料送迎サービスも行ってます。

透析中に食事を希望する場合は、患者負担で透析専門宅配業者のお弁当を提供。読書灯やアームテレビのついた透析ベッドで、ゆったりと透析治療が受けられるように配慮されています。

まとめ

東京の様々な透析クリニックを紹介してきましたが、気になるクリニックはありましたか?

しかし、実際に透析クリニックを選ぶ際には、見学を申し込んで自分の目で見てみることが一番です。

人工透析は時間がかかるため、患者への制約も多くなります。合わないと感じるクリニックや遠方にあるクリニックでは、通い続けることが余計なストレスとなってしまいます。

まずはホームページで情報をチェックし、さらに自分の目で確かめてから選ぶようにしたいものです。

必ず主治医の先生にご相談ください。

東京新橋透析クリニック
田端駅前クリニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読いただけます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>