症状

【手・関節の痛み】透析アミロイドーシスについて徹底解説

ffcf5ee521e498d2f5e54270d3a0e3c2_s

透析アミロイド―シスという病気を知っていますか?実は透析期間が長くなればなるほど、発症するリスクが高くなる透析治療の合併症なのです。

骨や関節に症状がみられ、手足のしびれや痛みが生じて、透析アミロイドーシスが進行すると日常生活を送ることに支障をきたすようになります。

症状がみられてからでは、薬で痛みを緩和することやリハビリテーションを行って生活の質の改善を図ることしかできず、元通りに治すことはできません。

発症を予防することこそが一番大切な治療となるのが透析アミロイドーシスです。今回は、透析アミロイド―シスの症状や原因、治療法について一緒に学んでいきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8人に1人が人工透析予備軍!腎臓病を進行させないポイント

d37ab738aac2ab2b204601cf1fb4a65c_s

腎臓病があると、将来的に透析治療が必要となる可能性が高くなります。さらに腎臓病は、死亡リスクの高い心筋梗塞や脳卒中のリスクも高めるのです。

腎臓病の怖いところは、自覚症状がないまま進行して、自覚症状に気付いた時にはすでに進行を食い止めることができない点です。腎臓病と生活習慣とは関連が深く、生活習慣病を伴うと腎臓病の進行も早まります。

腎臓病の発症・進行を防ぐには生活習慣の見直しと早期発見のために定期的に腎機能の検査を受けることです。腎臓病と透析治療について、また、腎臓病の予防について詳しく見ていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【トラブル防止!】人工透析のかゆみの原因と対処法まとめ

eb41a628f4dffd3be460b02d5954402e_s

なんと人工透析を受ける患者さんのうち約7割もの患者さんが、体のかゆみに悩まされているといいます。シャントを付けている箇所だけでなく、全身にかゆみを感じることも少なくありません。

特に強いかゆみを生じている場合、どのように対応するのが良いのでしょうか?今回は、透析治療に関係するかゆみの原因から対処方法まで、詳しくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代の糖尿病患者は増えている?もし、自分がなったときは

2a0ef40a1968defc32c11fcdae38e6a6_s

日本の糖尿病の人口は年々増えています。生活習慣が影響する2型糖尿病は40代以降の中高年・高齢者に多い印象がありますが、30代で若くして糖尿病になる人もいるのです。

30代の糖尿病はどのくらいいるのか、若くして糖尿病になる原因やどのような症状がみられるのか、糖尿病患者の平均寿命についてみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【汗も要チェック】糖尿病でみられる発汗異常は合併症のサインかも!?

糖尿病と汗

糖尿病の患者さんに対する一般的なイメージとして、「汗をかきやすい」というものがあります。実際、「それほど暑くないのに、やたらと汗が出る」という症状に悩まれている糖尿病患者さんも多くいらっしゃいます。

しかしその反対に、「汗がかけない」という悩みをもつ患者さんも。実はこの相反する2つの悩みは、同じ原因から引き起こされる症状なのです。

一体どういうことなのでしょうか?糖尿病と汗の関係について詳しくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

要注意!糖尿病でかかりやすい5感染症をチェックしよう

糖尿病と感染症の関係

糖尿病になると、さまざまな感染症にかかりやすくなります。ただ最近に感染しやすくなるだけではなく、重症化しやすく治りにくいといった危険性もあります。

糖尿病の方が日常生活で気をつけなければいけない感染症にはどんなものがあるのか、そしてどうすれば予防できるのか、そのポイントをまとめて紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に怖いのは合併症?糖尿病の3大合併症を知ろう

a7e70d1a1ff6e76e271ce40860c70229_s

糖尿病は自覚症状が少ない病気です。しかし、慢性的な高血糖状態が続くと、じわりじわりと全身にダメージを与えていきます。、これが合併症です。合併症は全身に様々な障害合併症を引き起こします。

ズバリ!糖尿病の治療目的は合併症を予防することです。今回は糖尿病の三大合併症をクローズアップします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【妊娠中の方は要チェック】妊娠糖尿病ってどんな病気?

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s

妊娠中に血糖値が上昇したり、血糖値が高い状態が初めて発見された場合を「妊娠糖尿病」と言います。妊娠の初期に血糖コントロールができていないと母子ともに合併症のリスクが高まります。

ここでは「なりやすい人」「赤ちゃんへの影響」「妊娠時の注意点」などについてご紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

迅速に対応を!糖尿病で起こる低血糖への対処法を知ろう

糖尿病と低血糖の関係

低血糖は薬物治療を行う人にとって最も怖い症状です。特にインスリン療法中は、低血糖に注意する必要があります。

低血糖になる理由は、「注射をするタイミングや量を間違った」「食事時間が遅かった・忘れた」「激しい運動や長時間の運動をした」などなど。今回は低血糖の発症原因や自覚症状など詳しくご紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加