検査

自己血糖測定と持続グルコース測定。自分で測定するメリット・デメリットとは?

グラフ

血糖値の自己測定は、血糖コントロール状態を把握する最良の方法です。近年は、食事療法、運動療法、薬物療法に続く糖尿病治療第4の柱と言われています。

自己測定は食事療法や運動療法の成果の確認、医師が薬物療法の調節を行う際にも大いに役に立ちます。自己測定には主に「自己血糖測定」、「持続グルコース測定」の2つがありますが、今回はそれぞれの違いを詳しくご紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でカンタン!検査キットを利用して糖尿病を予防しよう

糖尿病と自宅検査キット

2015年12月に厚生労働省が発表した「患者調査」によると、糖尿病の患者数は約316万6000人。さらに「国民健康・栄養調査」によれば、男性の約16%、女性の約10%に糖尿病の疑いがあるとか。これは、人数でいうと約1100万人に上ります。

しかし「もしかして糖尿病かも」と思っていても、なかなか病院に行く時間がとれない人も多いのでは。じつは自宅で簡単にできる糖尿病検査があるのです。自宅でできる検査キットや薬局で行う簡易検査を利用して、糖尿病の疑いがあるかを簡単にチェックしてみましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【妊娠中の方は要チェック】妊娠糖尿病ってどんな病気?

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s

妊娠中に血糖値が上昇したり、血糖値が高い状態が初めて発見された場合を「妊娠糖尿病」と言います。妊娠の初期に血糖コントロールができていないと母子ともに合併症のリスクが高まります。

ここでは「なりやすい人」「赤ちゃんへの影響」「妊娠時の注意点」などについてご紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病の検査はどのようなものがあるのか?

糖尿病検査

糖尿病は、血糖値が上がる症状によって、様々な合併症を引き起こすことがある怖い病気です。しかも病状の進行は、仕事や運動、ストレスの量など日常生活と密接な関係があるにもかかわらず、かなり進行しないと自覚症状が出ません。そのため検査による早期発見・早期治療が治療成功のカギとなります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

放っておくと怖い糖尿病。怪しいと感じたらすぐ検査を

糖尿病検査

糖尿病は、きちんと血糖をコントロールできていればそれほど恐れる病気ではありません。ところが、治療をせずに長い間放っておくと、やがて合併症を引き起こします。糖尿病の合併症で代表的なのは「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」「糖尿病神経障害」 の3つですが、糖尿病は脳梗塞や心筋梗塞のように命を落としかねない重大な病気の発症にも関わっています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早期発見が鍵!糖尿病性腎症で透析患者にならない唯一の方法

糖尿病性腎症

全国で31万人余りの患者さんが受けている透析治療。その1番の原因が、糖尿病の三大合併症の一つである糖尿病性腎症です。

糖尿病性腎症が原因で透析治療を受けている患者さんは全体の約38%、新しく透析治療を始めた患者さんに限ってみると約44%にのぼり、その割合は年々増加する傾向にあります。

そんな糖尿病性腎症は、実際にどのような症状が出るのでしょうか?予防のためにも、実際に症状が出る進行段階から発見方法まで詳しくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早期発見・治療の近道!さまざまな糖尿病検査について知ろう

糖尿病検査費用

糖尿病は、早期発見・早期治療を行えば、怖い病気ではありません。糖尿病は、早期では自覚症状が出ることが少ない病気ですから、定期的な検診や早めの検査受診によって病気を見つけることが大切です。

病院で行う検査から自宅で検査キットを使った行う方法など、様々な検査方法がありますが実際どのような方法で測定・診断するのでしょう?

それぞれの検査方法について詳しくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加