妊婦

【妊娠さん必読!】妊娠糖尿病を予防するための3つのポイント

妊娠糖尿病の予防

以前、糖尿病チャンネル内で記事として紹介した妊娠時に発症する「妊娠糖尿病」。

簡単に説明すると、妊娠前には糖尿病ではなかった人が妊娠中のホルモンの影響をうけて糖代謝がうまくコントロールできなくなり発症するのが妊娠糖尿病です。

原因のひとつに、妊婦さんの胎盤内でタンパク分解酵素が作られるために、インスリンが分解されてしまうことがあります。

妊娠糖尿病は一過性であることが多く、生活習慣を見直すことで血糖値をコントロールできます。今回は、妊娠糖尿病を予防するためのポイントにフォーカスして詳しくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【妊娠中の方は要チェック】妊娠糖尿病ってどんな病気?

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s

妊娠中に血糖値が上昇したり、血糖値が高い状態が初めて発見された場合を「妊娠糖尿病」と言います。妊娠の初期に血糖コントロールができていないと母子ともに合併症のリスクが高まります。

ここでは「なりやすい人」「赤ちゃんへの影響」「妊娠時の注意点」などについてご紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加