在宅透析

徹底比較!在宅透析と施設透析のメリット・デメリット

比較

現在、日本国内の透析患者数は約32.5万人いますが、97%は病院などへ通院して透析治療を受けています。

しかし、他に選択肢がないわけではありません。まだ1%にも満たない数ですが、自宅で血液透析を行っている患者もいます。

では、自宅で行う「在宅透析」と通院する「施設透析」は何がどう違うのでしょうか?それぞれの特徴や治療にかかる費用などをまとめてみました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自由に透析できる「在宅血液透析」のメリット・デメリットとは?

在宅透析

糖尿病患者で気を付けなければならない合併症の一つが糖尿病性腎症です。透析導入の原因疾患の第1位となるこの病気は、腎機能が著しく低下します。

末期腎不全まで進行すると、薬物療法や食事療法では対応できなくなり、透析療法が必要になります。腎臓の働きを代行する治療としては「透析治療」、「腎移植」どちらかを選択する必要があります。

国内では移植のための腎臓提供者が少ないこともあり、多くの患者が透析療法を行っていますが、近年「在宅透析」を選択する人が増えてきています。今回は在宅透析治療について詳しくご紹介してきます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加