助成制度

【障害者手帳で医療費を免除】人工透析と福祉サービス・障害年金を受ける流れ

障害者手帳申請書類

人工透析透析治療にかかる費用は、1ヶ月につき約40万円といわれています。健康保険の自己負担額で考えても、月額12万円。これは患者さんにとって大きな負担となります。

しかし、人工透析を受けている患者さんは、申請すればほぼ自動的に「身体障害者1級」に認定されます。

身体障害者1級に認定され障害者手帳が交付されると、さまざまな福祉サービスが受けられるようになります。その申請とはどのように行うのか、どういった福祉サービスが受けられるのか、詳しく見てみましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ジム利用も医療費!】知って得する糖尿病と医療費控除の3条件

糖尿病と医療費控除

医療費の自己負担額が一定の金額を超えると、超過した分の医療費があとで払い戻される「高額医療費返還制度」

この医療費に含まれるのは、病院に通った際の支払いだけではありません。一定の条件をクリアしていると薬局で買った薬代や、スポーツジムの利用料なども医療費として含められる場合があります。

では、どんな条件をクリアすればスポーツジムの利用料を医療費として認めてもらえるのでしょうか。今回は、糖尿病の運動療法としてスポーツジム利用料金が控除される3つの条件について詳しくみていきましょう。利用するとかなりお得になるので知らなかった方は要チェックですよ。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病の治療費用を安く!節約重要ポイント+保証制度まとめ

糖尿病の治療費用削減のポイント

糖尿病になってしまうと、治療のために様々な費用が嵩みます。食事療法・運動療法のみで治療をする場合も、定期的に病院を受診する費用が必要です。

さらに薬物療法を行うことになると、かかる費用は決して少なくありません。糖尿病の治療には一体どのくらい費用がかかるのでしょう?治療費を押さえるポイントや利用したい保証制度について詳しくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自治体からも?透析治療で受けられる助成金制度を知ろう

助成制度

週に平均で12時間もの治療時間がかかる人工透析。もちろんその治療費も、決して安価ではありません。

一生続けていかなければならないうえに、経済的な不安もあったとしたら、安心して治療に臨むこともできなくなります。

そのために、人工透析治療にはさまざまな公的助成金制度が利用できるようになっています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加