ペットの犬・猫に透析が必要と言われたら読む記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2386878485287c975ee5803f458e02e8_s

犬猫の急性腎障害に対する治療の一つに透析治療があります。透析治療は失われた腎臓の機能を補う治療です。

障害された腎臓が良くなることはありませんが、透析治療によってペットの犬猫と過ごせる時間を延ばせることもあります。

透析治療はどのような治療なのか、どのような障害に対して行われるのか、犬猫の透析治療について詳しく見ていきましょう。

そもそも、犬猫に血液透析はできるの?

人間では慢性腎臓病によって障害された腎臓の機能を補う治療として透析治療が行われています。犬や猫では慢性腎臓病に対しての透析治療は積極的には行われていませんが、急性腎障害に対しての透析治療が行われています。

透析治療は実施できる動物病院も限られますが、一般的な点滴治療では改善できない状態でも改善できるケースがあります。

人工透析の基礎知識

人工透析は障害された腎臓の機能を補う治療です。まずは、腎不全と人工透析について詳しく見ていきましょう。

腎不全とは

腎臓は身体にとって不必要な血液中の老廃物や水分をろ過して尿をつくっています。尿を作る以外にも、血圧の調整や血液を作り出すこと、体液量の調節、カルシウムを吸収する働きを助けるビタミンDをつくるなどの働きを行っています。

腎臓が機能低下した状態を腎不全といい、腎不全は経過によって急性と慢性とに分けられます。急激に症状が見られて腎臓の機能が悪化するものが急性腎不全、ゆっくりと症状が進行するものが慢性腎不全です。

腎不全となると、身体にとって害となる老廃物や水分が溜まり、むくみや高血圧、貧血などがみられるようになります。

さらに腎不全が進み、尿毒症となると、吐き気、体のだるさ、頭痛、息苦しさ、出血しやすくなる、肺水腫、心不全、意識障害などの様々な全身症状がみられます。

急性腎不全の治療は、塩分とタンパク質を制限した食事療法と薬物療法が行われます。食事療法と薬物療法で症状が改善しない場合は、一時的に血液浄化療法として透析治療が行なわれることもあります。

急性腎不全は腎機能障害が起こっている原因を排除することで回復する見込みがありますが、適切な治療を行わないと慢性腎不全に移行する場合もあります。

慢性腎不全では腎機能の回復は期待できないので、薬物療法、食事療法を行いながら、生活に注意して慢性腎不全の進行を防ぐことを目指します。

慢性腎不全が進み、末期腎不全になると脳や心臓、肺、肝臓、消化器官、神経などの臓器が機能不全を起こし、死に至るので、腎移植または透析治療が必要となります。

人工透析とは

人工透析は透析治療のことで、障害された腎臓の機能を人工的に補う治療です。人工透析には血液透析と腹膜透析とがあります。

血液透析

血液透析は、老廃物や余分な水分がたまった血液を身体の外へいったん出して機械を通してろ過し、老廃物や余分な水分を取り除いてから再び身体の中へと戻す治療です。血液を出し入れするシャントと呼ばれる出入口を腕の静脈と動脈とをつないで作る処置が必要となります。

血液透析には長時間透析、頻回透析、夜間に透析を行うオーバーナイト透析などがありますが、一般的なのは長時間透析で週3回、透析治療を行っている施設で透析治療を受ける治療です。

腹膜透析

腹膜透析は自分の腹膜を利用して血液をろ過する方法です。お腹の中に透析液を入れ、1日3~5回(1回30分程度)交換します。

バックの交換や取り扱いが行えることが原則ですが、自宅で透析を行える方法です。自動で透析液の交換が行える自動腹膜透析(APD)という方法もあります。

犬・猫の透析治療の様子

犬猫に透析治療が必要なケース

犬猫も人間と同じように腎臓病になります。急性に腎臓の障害をきたす急性の腎臓病とゆっくりと進行する慢性の腎臓病とがあります。

犬猫の透析治療が有効となるのは急性腎障害です。日射病や中毒、感染症(レプストピラ)、虚血などの原因により急性に腎臓の障害が起こるものを急性腎障害といいます。慢性腎臓病の経過中に急性増悪を起こして急性腎障害となることもあります。

急性腎障害は腎臓に入る血液量の減少によるもの(腎前性)、腎臓そのものの障害(腎性)、腎臓を出た後の尿路の障害(腎後性)に分けられます。どこの障害が起こっているのかを見極めて適切な治療を施さないと、状態が悪くなり死に至ることもあります。

急性腎障害の一般的な治療である点滴治療を行っても改善が見られない場合や、利尿剤を用いても尿が出ない場合、体内の水分が飽和状態になっている場合、中毒の原因となる物質の除去に有効である場合は透析治療によって改善するケースがあります。

しかし、急性腎障害で透析治療を行っても救えない命もあります。透析治療を行って生存した半数以上の犬猫は腎障害が残るとも言われています。犬猫の透析治療は、何もしなければ救えない命を救い、少しでも長く生活を送ることができる可能性がある治療です。

犬猫の透析は動物病院へ

犬猫の透析治療は動物用血液透析装置にて行われます。透析治療はどこの動物病院でも行っているわけではなく、限られた病院でしか行われていません。また、人間の透析治療を行っている医療機関に行っても犬猫の治療は受けることができません。

犬猫に腎障害があり、透析治療を希望する場合は、まずは主治医に相談し、透析治療を希望する旨を伝えましょう。

そのうえで、主治医から透析治療を受けることのできる病院を紹介してもらうか、主治医の治療方針を聞いたうえで透析治療を行っている病院へセカンドオピニオンという形で相談するのがよいでしょう。

犬・猫の透析治療

犬猫の透析治療と費用

人間では血液透析を受ける前にシャントをつくりますが、犬猫の場合は首の太い血管に「ダブルルーメンカテーテル」というカテーテルを設置します。犬猫によっては設置時に麻酔処置が必要となります。

カテーテルを設置したら、専用の機械で血液透析を行います。カテーテルは装着したままにして、犬猫の状態によって毎日、または数日おきに血液透析を行います。

お腹の中に輸液を入れ、1日数回輸液を交換する腹膜透析を行っている病院もありますが、合併症の有無や腹膜透析の管理が衛生的に行えること、犬猫が協力的であること、飼い主が腹膜透析に時間と治療費を割けることなどの条件を満たす必要があります。

透析治療の費用は、人間のように医療費の助成があるわけではなく、実費でかかります。カテーテルの設置手術代、血液透析の処置代、診察代などの費用がかかり、価格は病院によってまちまちです。腹膜透析の場合には、輸液やパックなどの処置に必要な医療材料の費用が必要です。

透析治療を始めるまでに行う検査代や、最初に入院して行う集中治療にかかる費用などで数十万円かかることもあるようです。

ペットに透析治療をさせないために

急性腎障害は日射病や感染(レプトスピラ)、中毒などが原因となって起こることもあります。

暑い季節はペットの過ごす場所に日陰をつくる、空調を利用して気温を調整するなどして、飲み水にも配慮しましょう。犬の散歩の際は炎天下を避けて涼しい時間帯を選ぶようにしましょう。

レプストピラによる感染症は、ネズミや湿った土壌に生息するレプストピラから感染します。レプストピラが生息する湿地には近づかないようにし、ネズミは駆除して感染を予防しましょう。

保冷材に用いられているエチレングリコールやぶどう・レーズンを犬猫が誤って食べると中毒を起こし、急性腎障害となることがあります。犬猫が食べてしまわないように管理しましょう。万が一食べてしまったときはすぐに病院へ行きましょう。

日頃から食事量、飲水量、活気の有無、尿量などを気にかけるようにし、異変を感じたら早目に病院を受診して適切な治療を受けることが大切です。健康な時から定期検診を受け、早め早めの対策をとるようにしましょう。

犬猫の透析治療の予防

まとめ

犬猫が急性腎障害となると体の様々な臓器が障害され、最悪の場合は死に至ることもあります。透析治療は点滴治療を行っても改善せず、そのまま何もしなければ救うことのできない寿命を延ばせる可能性があります。

全ての犬猫に透析治療が行えるわけではありません。また、透析治療を行っても助からない命もあります。

透析治療は命を救える可能性のある治療ですが、犬猫にとっては負担の大きい治療でもあります。腎臓は一度障害されると回復しにくい臓器であり、透析治療しか道がなくなる前に早めに治療を開始できることが理想です。

ペットも人間同様、元気なうちから定期検診を受けて、表には見えない異常にも早めの対応が行える環境を整えておきましょう。

在宅血液透析特別セミナー 長生きと自由の「透析」戦略とは

SNSでもご購読いただけます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>