糖尿病予防に自宅で簡単にできる「レジスタンス運動」とは?

レジスタンス運動

糖尿病の予防には歩くことや筋肉をつけることが大事なことは百も承知ですが、いざ運動をしようと思っても体が動かない。。。

そんな時は、お家でも簡単にできる「レジスタンス運動」はいかがでしょうか?

一見、地味な運動ですが継続することで確かな効果があります。有酸素運動と一緒に行うことで相乗効果も期待できます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お酢は糖尿病患者の味方。美味しく取り入れて血糖値をコントロールしよう!

バルサミコ酢

お酢は昔から体に良いとされ、テレビのバラエティ番組や雑誌の特集でも頻繁に取り上げられてきました。お酢を使った健康食品も数多く発売されています。

お酢の効果としてよく言われているのは、食欲増進・疲労回復・美肌・便秘解消・免疫力アップ・内臓脂肪の減少・カルシウムの吸収促進・血圧の降下・血糖値の抑制など。改めて列挙すると、かなり多岐にわたります。

お酢に血糖値を抑える効果があるなら、もっと積極的に取り入れたいという糖尿病患者も多いはずですが、本当にそんな効果があるのでしょうか?

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病患者の40%!?しびれや痛みが伴う「糖尿病神経障害」とは

手足のしびれ

糖尿病の合併症のひとつに「糖尿病神経障害」があります。糖尿病網膜症・糖尿病腎症と合わせて、糖尿病の3大合併症とも呼ばれています。

糖尿病神経障害は、糖尿病の初期から見られる合併症です。2007年に行われた国民健康・栄養調査では、糖尿病患者さんの約12%が糖尿病神経障害を発症していました。

日本内科医学会の調査によると、自覚症状のない人まで含めると糖尿病患者さんの約4割が糖尿病神経障害になっているといわれています。

糖尿病患者さんなら、普段から気をつけておかなければいけない糖尿病神経障害。それは一体どんな病気なのでしょうか。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人によって違う?透析クリニック選び5つのポイント

透析クリニック

透析療法は少々時間を必要とする治療です。血液透析の治療は1回4時間が目安ですが、通院や着替え、順番待ちなどを考えると6時間は必要です。腹膜透析は透析液の交換回数が多い場合、週18時間を確保しなければいけません。

そのため透析クリニック選びは重要なポイントとなりますが、何を決め手に選べば良いか分からないという声をよく聞きます。

そこで、透析治療を検討中の方へ5つのポイントをピックアップしました。透析クリニック選びの参考にしてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甘党の糖尿病患者様へ。糖質制限スイーツを販売するオススメ通販サイト3選

毎日おやつを食べていた人、甘い物が大好物という人は残念なことですが、糖尿病治療のために甘い物を制限しなければいけません。

以前ご紹介した記事「やっぱり食べたい!糖尿病とおやつの上手な付き合い」でも触れましたが、糖質に気を配る必要があります。少々ストレスが溜まるかもしれませんが、今回は糖質をぐっと抑えたスイーツなど、甘党の糖尿病患者に耳寄りな情報をご紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己血糖測定と持続グルコース測定。自分で測定するメリット・デメリットとは?

グラフ

血糖値の自己測定は、血糖コントロール状態を把握する最良の方法です。近年は、食事療法、運動療法、薬物療法に続く糖尿病治療第4の柱と言われています。

自己測定は食事療法や運動療法の成果の確認、医師が薬物療法の調節を行う際にも大いに役に立ちます。自己測定には主に「自己血糖測定」、「持続グルコース測定」の2つがありますが、今回はそれぞれの違いを詳しくご紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病は寒い冬こそケアが大切!血糖値を上げないための注意点とは?

ヒートショック対策

冬になるとよく聞く「ヒートショック」という言葉をご存知ですか?急激な温度差がもたらす身体への悪影響を意味します。入浴時、外出時などの急激な温度変化によって、血圧が大きく変動することで体の不調を招きます。失神だけでなく、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる症状を引き起こすこともあります。

冬は血糖のコントロールが乱れる傾向があり、糖尿病患者は特に注意が必要です。血糖値の乱れの主な理由は「食事」と「運動」の2つがあります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早期発見・予防が大切!透析患者に起こりやすい12の合併症とは?

東京新橋透析クリニック

人工透析は、弱ってしまった腎臓の働きを機械で補う治療です。しかし、すべての機能を完璧に代行できるわけではありません。そのため人工透析を続けているうちに、さまざまな合併症が起こることもあります。

しかし、合併症について予め知っておくことで、予防してリスクを引き下げることが可能です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病治療に夢の新薬?「SGLT2阻害薬」の効果と副作用

糖尿病の新薬SGLT2阻害薬

つい最近まで、糖尿病の薬というと「インスリンの分泌や働きをよくする」か「血糖の上昇を抑える」ものでした。しかし、2014年4月にまったく新しいタイプの糖尿病治療薬が登場しました。それが「SGLT2阻害薬」です。

この新薬は、いったいどんな働きをするものなのでしょうか?SGLT2阻害薬の効果や副作用などについての知識をしっかり頭に入れておきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加