2017年9月から保健適用!針を刺さない血糖値測定器って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eb6298f400e0a44ee1d0d01b6cdf48e7_s

FreeStyleリブレは2017年9月から保険適用となった、針を刺さない血糖測定器です。フラッシュグルコースモニタリングシステムにより、皮下の細胞間に含まれるグルコース濃度を測定することができます。

腕に装着したセンサーに専用のリーダーをかざすだけで測定でき、仕事中や外出中でも手間なく、人目を気にすることなく測定できます。今回は、そんな保険内で使用できる血糖測定器について詳しくみていきましょう。

服の上からでも測定できる血糖測定器とは

「FreeStyleリブレ」(出典:アボットジャパン株式会社は、フラッシュグルコースモニタリング(FGM)システムで、上腕後面に貼り付けた500円玉大のセンサーによって皮下間質液(細胞間に存在する液)中のグルコース濃度を連続的に測定する血糖測定器です。

センサーが1分ごとに皮下間質液中のグルコース濃度を測定して、15分ごとに自動的に記録し、最長14日間連続して使用できます。

専用のリーダーをセンサーにかざすと、その時のグルコース濃度も確認できます。スキャンは服の上からでも可能で、センサーを付けたまま入浴やプールに入ることできます。専用の血糖測定電極をセットすると、指先穿刺で採血した血糖測定も可能です。

センサーには微細な針がついており、装着時の痛みはなく、グルコース濃度測定時には、血糖自己測定(SMBG)のように指先を専用の針で刺し、痛みを伴う採血をする必要はありません。

食後の急激な血糖値上昇も感知

連続してグルコース値を記録することができ、グラフでグルコース値の変動をみることができ、SMBGのように1日数回の決まったタイミングでの血糖測定だけでは見えてこない、食後の急激なグルコース値の上昇や夜間の低血糖などに気付くことができます。

皮下間質液中のグルコース濃度を連続して図る方法はインスリンポンプと併用して用いる持続血糖測定(CGM)もありますが、実際の血糖値との誤差があるため、SMBGでの定期的な血糖測定が必要となります。

「FreeStyleリブレ」の方は実際の血糖値とのずれが少なく、較正のためのSMBGでの血糖測定は必要ないとされています。ただし、測定値の急激な変化がみられたときや低血糖の可能性があるとき、測定値と症状が伴わないときはSMBGで実際の血糖値を測り確認することが必要です。

血糖値測定器の説明

FreeStyleリブレ、CGM、SMBGの違い一覧

FGM(FreeStyleリブレ)と持続グルコース測定(CGM)、血糖自己測定(SMBG)のそれぞれの特徴を表にまとめてみました。(表1)

FGM(FreeStyleリブレ)は、毎回の測定時に穿刺の痛みを伴わないこと、測定時以外のグルコース濃度の変動を確認でき、食後の急激なグルコース値の上昇や夜間低血糖のタイミングの傾向を知ることができ、低血糖のリスクを回避しやすいという利点があります。

FGMはSMBGによる較正は必要ないとされていますが、日本糖尿病学会からは、SMBGの代替となる性能は有していないとし、SMBGを行っていることを前提に、SMBGの補完としての使用が望ましいという見解が述べられています。

血糖測定器 FGM(FreeStyleリブレ) CGM(インスリンポンプとの併用) SMBG
測定する値 皮下間質液中のグルコース濃度 皮下間質液中のグルコース濃度 実際の血糖値
測定方法 上腕後面に500円玉大のセンサーを貼って、リーダーをかざす、服の上からもスキャン可/
専用の血糖測定電極をセットすることでSMBGとしても使用可
お腹、または背中にセンサーを貼ると、自動的にインスリンポンプに表示される 専用の穿刺具で指先に針を刺し、血糖測定器で採血して測定する
測定時の痛み 測定時の痛みなし 測定時の痛みなし 採血時に痛みあり
測定間隔 1分ごとの測定、15分ごとの記録随時、自分でも測定可 5分ごとの測定記録 1日数回、主治医の指示したタイミング・回数を自分で測定
連続使用 14日間連続使用 6日間ごとに交換 なし
耐水性 入浴・プールも可 インスリンポンプは入水時には外す必要あり  
実際の血糖値との誤差 正確性が高い SMBGによる血糖値測定での較正必要 実際の血糖値を測定
血糖値の変動 連続したデータをグラフにしてみることができ、急激な血糖上昇や低血糖のリスク管理に役立つ 連続したデータをグラフにしてみることができ、急激な血糖上昇や低血糖のリスク管理に役立つ 測定したタイミングの血糖値のみで、測定していないときの血糖値の変動はわからない
その他 測定値の急激な変動や低血糖時、症状と測定値が伴わない場合はSMBGでの血糖測定が必要 継続使用はインスリンポンプ使用者のみ  

表1 血糖測定器と特徴

参考サイト:アボットジャパン株式会社

参考サイト:日本糖尿病学会フラッシュグルコースモニタリング(FGM)システム

2017年9月からFreeStyleリブレの保険適用が開始

FreeStyleリブレの推定適用患者数は年間65万人とされています。

2017年9月より保険適用が開始となり、「特定保険医療材料としては設定せず、技術料にて評価する。」として準用技術料、血糖自己測定器加算として以下の点数が算定されます。

  • 月 20 回以上測定する場合:400 点
  • 月 40 回以上測定する場合:580 点
  • 月 60 回以上測定する場合:860 点
  • 月 80 回以上測定する場合:1,140 点
  • 月 100 回以上測定する場合:1,320 点
  • 月 120 回以上測定する場合:1,500 点

留意事項案:フラッシュグルコース測定以外の自己血糖測定器を使用した回数を基準に算定する。

出典:厚生労働省 医療機器の保険適用について

保険適用となるためには、SMBGでの血糖測定を行っていることが条件です。あくまでもSMBGでの血糖測定を行い、血糖自己測定間をFreeStyleリブレで埋めるような使い方を行うという補完的な位置づけが条件となります。

FreeStyleリブレの価格・使用期間

アボットジャパン株式会社のFreeStyleリブレのカタログによると、希望小売価格は、リーダー1台7,089円(税抜)、センサー2個とFSプレシジョン血糖測定電極(リブレのリーダー専用のSMBGでの血糖測定用電極)は、血糖自己測定器加算の算定1~6に合わせた20~120枚のセットになったパックが13,800円(税抜)となっています。

センサーの連続使用期間は14日間なので1か月(30日間)使用するにはセンサーパックが2パック必要となります。FreeStyleリブレは保険適用となるため、受診のうえ、医師の指導のもと、処方箋が必要となります。

センサーは保険適用で購入できますが、リーダーは自費購入や医院貸し出しとなる場合が多いです。保険適用はインスリン治療を行っている人も対象となりますが、医療機関によってはインスリン治療をしていない方でも血糖値の変動の把握のために医師が指導した場合には医院がリーダーを貸し出し、センサーを自費で購入して使用することも可能なようです。

参考サイト1:厚生労働省 医療機器の保険適用について

参考サイト2:アボットジャパン株式会社 Abbott_FreeStyle

保険適用の血糖値測定器

FreeStyleリブレを保険適用内で購入するための条件

FreeStyleリブレの保険適用はフラッシュグルコース測定以外の自己血糖測定器を使用した血糖自己測定回数が基準となり、血糖自己測定器加算(SMBGでの血糖自己測定月120回以上測定する場合)1500点で算定しているところが多いです。

血糖自己測定器加算は在宅自己注射指導管理料(750点)を算定している医療機関のみ算定可能(1か所の医療機関で一人の主治医のみ算定可能)で、在宅自己注射指導管理料(750点)をほかの医療機関で算定している場合は、別の医療機関でFreeStyleリブレのみを保険適用で購入することはできません。

そのため、FreeStyleリブレを導入している医療機関を主治医とする必要があり、現在かかっている医療機関での取り扱いがない場合は導入について主治医に相談してみましょう。

まとめ

FreeStyleリブレは、在宅自己注射指導管理料を他の医療機関で算定していない場合のみ保険適用で購入可能です。インスリン治療を行っているすべての患者を対象に保険適用となりましたが、医療機関によっては独自の意向や見解から導入を見送っている医療機関や、条件付きで取り扱っている医療機関もあります。

医療機関によってはFreeStyleリブレを希望しても購入できないところもありますので、新たにFreeStyleリブレの使用、購入を希望する場合は、主治医と十分相談してください。場合によっては、FreeStyleリブレを導入している医療機関のリサーチも必要となるでしょう。

在宅血液透析特別セミナー 長生きと自由の「透析」戦略とは

SNSでもご購読いただけます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>