【4ステップで分かる!】人工透析ってどんな治療なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人工透析とは

ドラマやニュースなどで耳にする「人工透析」。でも透析とはどんなものなのか、実際に治療を受けている人しか知らないことも多いかと思います。

一体どんなことをする治療で、なんのためにするものなのでしょうか。また、家族や知り合いに人工透析を受けている人がいる方も是非人工透析について正しく知り理解しましょう。

腎臓と人工透析の関係

人工透析の正式名称は「血液透析療法」。弱ってしまった腎臓の機能を、機械で補助する治療です。

腎臓には、血液を濾過して老廃物を取り去る機能があります。そして、体に必要な成分だけを再吸収し、老廃物と余分な水分は尿として体外に排出されるのです。

また腎臓には、体内の塩分や水分量を調整する機能もあります。じつはこのコントロール機能は、血圧と密接に関係しているのです。血圧が高いときには、腎臓は塩分や水分を多く排出して血圧を下げ、逆に血圧が低いときには、塩分や水分をあまり排出せずに血圧を保つように働きます。

ステップ1:腎臓が弱るとどうなるの?

腎臓が弱ってくると、体内の老廃物と必要な成分のより分けができなくなり、血液のなかに有害な物質が多くなったり、必要な成分が尿と一緒に出されたりしてしまいます。この状態を「尿毒症」といいます。尿毒症になると、気力が湧かなくなる、食事がほしくなくなる、眠れなくなるといったさまざまなことが起こり、症状が進むと昏睡状態になってしまうこともあります。

さらに弱った腎臓では、体内の塩分や水分の調整もうまくいかないので、体がむくむようになってしまいます。体内のイオンバランスも崩れて、めまいなどの不調も現れてきます。腎臓は骨を作る機能にも関わっているので、骨がもろくなる「骨粗鬆症」になってしまうこともあります。

ステップ2:腎臓の機能を補うのが人工透析

人工透析と水分について

さまざまな機能をもっている腎臓ですが、弱ってしまう原因もまたさまざま。糖尿病などの生活習慣病が進行して慢性腎不全になることもありますが、大きなケガをしたときに細菌に感染して腎機能が落ちてしまうこともあります。免疫系の異常などで生まれつき腎臓がうまく働かない人もいます。さらに、腎不全になってしまった人の中には、まったく原因が不明というケースもあります。

腎臓の働きが悪くなっても、最初はほとんど自覚症状がありません。むくみやすくなった、疲れやすくなったと感じるくらいで、痛みがあるわけではないので、気づかないうちに進行してしまうことも多いのです。

いったん腎臓が悪くなってしまうと、回復させることが非常に難しいので、ほとんどの場合はそのまま進行して末期腎不全となってしまいます。そして、一般的に腎臓の機能が通常の10%以下に落ちてしまったときに行う治療が血液透析療法、いわゆる「人工透析」なのです。

人工透析ってどんな治療?

腎臓の濾過機能を人工的に補うには、いくつかの方法があります。なかでも代表的なのが、週に3回ほど病院に通い、ダイアライザーと呼ばれるフィルター(人工膜)に血液を通して血液中の老廃物や余分な水分を取り除き浄化する血液透析です。

きれいになった血液は再び体内に戻されます。人工透析と聞くと、この方法を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ステップ3:シャントは透析患者さんの生命線

人工透析を受ける人

血液透析療法では、血液をダイアライザーに送るために血管に針を刺して血液を体外循環させる必要があります。血液を体外に送り出すためには静脈に多くの血液が流れる様にする必要があります。そのために、血液透析療法を開始する前にシャントを作る手術をします。

シャントとは、動脈と静脈を連絡して静脈を膨らませ、太い針を刺せるようにした血管のことです。シャントは透析患者さんにとって大切な生命線です。

シャントに負担がかかからないよう、強く圧迫しない、袖口のキツイ服を着ない、腕時計をしないなどの注意が必要です。そして、シャントから取り出した血液はダイアライザーに送られ、老廃物や余分な水分を取り除き再び動脈から体内に戻します。

ステップ4:人工透析には様々な負担がある

また、血液透析療法は1回の治療に4~5時間かかります。その間、患者さんは動き回ることができません。さらに、健康な人にとっては腎臓が24時間365日休むことなくゆっくり行っている血液の浄化ですが、血液透析療法ではごく限られた短い時間で行うため、治療の後には痙攣(けいれん)や頭痛、倦怠感などの不調を感じることがあります。

これを「不均衡症候群」といいます。その他にも血圧が低下したり、心臓などの循環器への負担も大きくなります。

血液透析療法は、あくまでも腎臓の機能を補う治療なので、血液透析療法によって弱った腎臓が良くなることはありません。患者さんは血液透析を始めたときから、一生透析を受け続けなければならないのです。  

まとめ

人工透析は、患者さんにとっては絶対に欠かせないものですが、さまざまな負担を伴う治療でもあります。しかし、周囲の理解があれば、透析を受けながら仕事をしたり、学校に通ったりすることもできます。

2014年末現在、日本には約32万人もの人工透析を受けている患者さんがいます。人工透析治療についての理解を深めることで、患者さんも、周囲の方々も、ストレスを少なくすることができるのではないでしょうか。

必ず主治医の先生にご相談ください。

東京新橋透析クリニック
田端駅前クリニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読いただけます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>