徹底比較!在宅透析と施設透析のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
比較

現在、日本国内の透析患者数は約32.5万人いますが、97%は病院などへ通院して透析治療を受けています。

しかし、他に選択肢がないわけではありません。まだ1%にも満たない数ですが、自宅で血液透析を行っている患者もいます。

では、自宅で行う「在宅透析」と通院する「施設透析」は何がどう違うのでしょうか?それぞれの特徴や治療にかかる費用などをまとめてみました。

在宅透析と施設透析はココが違う!

在宅透析は自宅に透析機器を設置して、自分で透析治療を行います。在宅透析のメリットは、なんといっても時間の自由がきくことです。

一方、施設透析は基本的に週3回、決められた時間にクリニックに出向いて治療を受けなければなりません。そのため仕事や学業との両立が難しくなります。

在宅透析であれば、仕事から帰宅した後に透析治療といったことも可能です。好きな時間に治療を行えるだけでなく、通院にかかる時間も節約できるというわけです。

在宅透析は「制限なし」が魅力です

天然の腎臓は、24時間365日休まず動いています。その機能を代行するためには、できる限り長時間の透析が望ましいとされています。

しかし、保険診療では基本的に、施設透析の回数は週3回、月に14回までと規定されています。これは患者の体調を維持するために必要な最低限の回数なのです。

在宅透析なら回数や時間の制限はありません。毎日透析を行うこともできます。そのため、体調管理がしやすくなるというメリットがあります。透析の回数や時間を増やせれば、そのぶん食事管理も緩やかになります。また、合併症のリスクも軽減できるという研究結果もあります。

体調調節

在宅透析は介助者が必要

施設透析は、予約した時間にクリニックに行けば受けられます。透析機器の準備や管理などは、医師や看護師といったスタッフが行います。患者には特にこれといった準備は必要ありません。

しかし、在宅透析は、透析の準備は患者自身が行う必要があります。また、透析を行う際には介助者をつけなければならないと定められているため、独り暮らしでは不可能です。

在宅透析を始める前に、患者と介助者は透析治療の研修を受ける必要があります。研修期間は2~6ヶ月程度かかります。同時に、自宅内に透析機器や薬剤などを置く場所も用意しなければなりません。透析機器を設置する場所によっては、電気や水道の工事が必要になることもあります。

在宅透析のメリット

  • 自由に透析のスケジュールが組めるので、仕事や学業との両立がしやすい
  • 通院時間や待ち時間を節約できる
  • 長時間透析や頻回透析が可能なため、体調管理がしやすい
  • 合併症のリスクが軽減できる
  • 食事や水分の摂取制限が緩やか

在宅透析のデメリット

  • すべて患者自身が対応しなければならない
  • 介助者が必要
  • 在宅透析の開始前に数ヶ月の研修を受ける必要がある
  • 自宅に透析装置や薬剤を置くスペースが必要

在宅透析と施設透析、どちらが安い?

医療施設での人工透析にかかる費用は、1回あたり約3万円と言われています。しかし、その全額を患者が負担することはありません。保険内診療なので、医療費に対する自己負担は3割です。

さらに加入している健康保険に申請すれば、医療費助成制度で自己負担額は最大で1ヶ月1万円になります(収入により異なる場合もあります)。また、第1級障害に認定されると、医療費がすべて無料となります。

在宅透析は治療費以外にどのくらい費用がかかる?

在宅透析にかかる治療費自体は、施設透析と同じです。透析機器は無料で借りることができますし、医療費の助成制度も施設透析と同様に利用できます。

しかし、在宅透析は治療費以外にも細かい出費があり、その費用は助成を受けられません。

まず、透析機器を設置するのに電気・水道工事などが必要な場合、自宅の改修費用は患者負担となります。聴診器や駆血帯といった医療器具も、自費で購入する必要があります。その準備にかかる金額は、大体5~10万円程度です。

透析機器を動かすためには電気や水が必要になるので、毎月の電気料金や水道料金が上がります。透析の回数にもよりますが、大体1~3万円程度と考えておきましょう。透析治療で出た医療廃棄物についても、業者に処理を依頼すると大体1万円前後かかります。

まとめ

在宅透析は治療に手間や光熱費がかかりますが、患者にとってのメリットが多いのも事実。在宅透析、施設透析それぞれの特徴を理解して、自分のライフスタイルや生活環境に合った方法を選びたいものです。

もし、在宅透析を検討しているなら、かかりつけの医師に相談してみましょう。

SNSでもご購読いただけます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>