透析

380人に1人!?家族が透析患者になったら考えたい4つのコト

家族が透析患者になったら

2017年現在、日本国内には約33万人の透析患者がいます。つまり、380人に1人は透析治療を受けているということ。親戚や知人が透析治療を受けている、という人も多いのではないでしょうか?

もし、家族の誰かが透析治療を受けるようになったら、どうしたらいいのでしょうか。今回は、透析患者の家族に知っておいてほしいこと、家族として心がけたいことをご紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

透析中によくある低血圧。その時のために知っておきたい原因と対策

低血圧によるめまい

透析治療を受けている最中、血圧が下がることがあります。透析時の低血圧は、決して珍しいことではありませんが、その原因や現れる症状は様々です。

場合によっては、危険な状態に陥ってしまうこともあります。透析中に起こる低血圧の原因や対策について、詳しく知っておくことでリスクを軽減しましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱血不良!?透析中のトラブル対処法と原因を知っておこう

医者

透析治療は腎臓の働きが悪くなってしまった患者にとって、命綱ともいえる治療です。そこにトラブルが起きると、効率のいい透析治療ができなくなってしまいます。

トラブルが起こってしまったときに慌てないですむよう、「脱血不良」をはじめとする透析トラブルの種類や原因、対処法をあらかじめ知っておきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【重要】心不全が起きることも!透析患者は高カリウム血症に要注意 

心不全

日本で透析治療を受けている患者は、32.5万人と言われています(日本生活習慣病予防協会調べ)。そのうち44%が「糖尿病」が原因で透析を始めていますが、透析患者が特に気を付けなければいけないのが高カリウム血症です。

主な症状としては、カリウムが尿から排泄されず、血中にカリウムが多くなり、不整脈などを引き起こします。早期発見・早期治療が重要と言われる「高カリウム血症」について深く掘り下げていきます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

透析患者でも意外に知らないシャントの種類~自己血管と人工血管~

シャントの種類

人工透析治療を受けるとなると、事前準備としてシャント手術を行います。しかし、人工透析にはシャントが必要ということは知っていても、その理由やシャントの種類については分からないという方もいるのではないでしょうか?

シャントには自己血管と人工血管の2種類がありますが、一体どう違うのでしょうか?改めてシャントについて、詳しくご紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徹底比較!在宅透析と施設透析のメリット・デメリット

比較

現在、日本国内の透析患者数は約32.5万人いますが、97%は病院などへ通院して透析治療を受けています。

しかし、他に選択肢がないわけではありません。まだ1%にも満たない数ですが、自宅で血液透析を行っている患者もいます。

では、自宅で行う「在宅透析」と通院する「施設透析」は何がどう違うのでしょうか?それぞれの特徴や治療にかかる費用などをまとめてみました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自由に透析できる「在宅血液透析」のメリット・デメリットとは?

在宅透析

糖尿病患者で気を付けなければならない合併症の一つが糖尿病性腎症です。透析導入の原因疾患の第1位となるこの病気は、腎機能が著しく低下します。

末期腎不全まで進行すると、薬物療法や食事療法では対応できなくなり、透析療法が必要になります。腎臓の働きを代行する治療としては「透析治療」、「腎移植」どちらかを選択する必要があります。

国内では移植のための腎臓提供者が少ないこともあり、多くの患者が透析療法を行っていますが、近年「在宅透析」を選択する人が増えてきています。今回は在宅透析治療について詳しくご紹介してきます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どちらを選ぶ?血液透析と腹膜透析の違いを理解しよう

透析医者

糖尿病腎症の治療は、厳格な血糖値のコントロールと腎症・糖尿病の食事療法を基本に行いますが、症状が進行して腎不全になってしまう患者さんが多くいるのが現実です。

しかし、人工腎臓の技術の進歩により、命を落とす危険があった尿毒症になっても、人工透析と自己管理をしっかり行っていれば、以前とほぼ変わらない生活を過ごすことができるようになりました。

今回は、「血液透析」と「腹膜透析」2種類の人口透析の違いを解説します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年間600万円!?人工透析の医療費と必ず知っておきたい医療費助成制度

f5a7ee5343816823fa1001b37b29f98a_s

人工透析は、非常に高額な医療費がかかる治療です。しかもほとんどの透析患者は、人工透析治療と一生つきあっていかなければなりません。そのため、トータルの医療費も膨大なものになってしまいます。

いったいどのくらいの医療費がかかっているのでしょうか?そして実際に患者が負担しなければならない金額はどのくらいなのでしょうか? 今回は、透析治療にかかる医療費にクローズアップしてみましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加