透析

【高カリウム血症の防止に】人工透析とカリウムの関係・調節ポイントまとめ

14ecea81af4a7644d63b31f8cc73a8b7_s

人工透析を受ける患者さんにとって、カリウム量の調節は重要な治療の一貫です。しかし、目に見えず、量の計測もできないカリウムは、厳密に調整しようと思うとなかなか難しいもの。

また、食材の種類や食材の量から厳密に計算しようと思うと、大変で頭を抱えてたくなってしまいます。今回は、そんなカリウム量を大幅に減らすためのポイントも含め、カリウムとの付き合い方についてご紹介します。カリウムを摂取しすぎた場合に起こる病気や症状も含め、ひとつひとつみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【トラブル防止!】人工透析のかゆみの原因と対処法まとめ

eb41a628f4dffd3be460b02d5954402e_s

なんと人工透析を受ける患者さんのうち約7割もの患者さんが、体のかゆみに悩まされているといいます。シャントを付けている箇所だけでなく、全身にかゆみを感じることも少なくありません。

特に強いかゆみを生じている場合、どのように対応するのが良いのでしょうか?今回は、透析治療に関係するかゆみの原因から対処方法まで、詳しくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫県内の評判の透析クリニック7選

dbc092982da644afcab5a4e103cc6786_s

血液透析は開始することになれば一生行うこととなる治療です。クリニックによって雰囲気や特徴も異なるので、自分に合ったクリニックを選びましょう。

早朝や夜遅くまで透析を行っているクリニックや、夜間就寝中に行うオーバーナイト透析、自宅で行える在宅透析に対応しているクリニックもあり、生活スタイルや仕事の都合に合わせて選択することができます。

一般的には週3回の透析治療で通院することとなるので、自宅から通いやすいクリニックを選ぶことも大切です。兵庫県内の評判の透析クリニックを下記に記していきますので、自分に合ったクリニックを見つけてみてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

380人に1人!?家族が透析患者になったら考えたい4つのコト

家族が透析患者になったら

2017年現在、日本国内には約33万人の透析患者がいます。つまり、380人に1人は透析治療を受けているということ。親戚や知人が透析治療を受けている、という人も多いのではないでしょうか?

もし、家族の誰かが透析治療を受けるようになったら、どうしたらいいのでしょうか。今回は、透析患者の家族に知っておいてほしいこと、家族として心がけたいことをご紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

透析中によくある低血圧。その時のために知っておきたい原因と対策

低血圧によるめまい

透析治療を受けている最中、血圧が下がることがあります。透析時の低血圧は、決して珍しいことではありませんが、その原因や現れる症状は様々です。

場合によっては、危険な状態に陥ってしまうこともあります。透析中に起こる低血圧の原因や対策について、詳しく知っておくことでリスクを軽減しましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱血不良!?透析中のトラブル対処法と原因を知っておこう

医者

透析治療は腎臓の働きが悪くなってしまった患者にとって、命綱ともいえる治療です。そこにトラブルが起きると、効率のいい透析治療ができなくなってしまいます。

トラブルが起こってしまったときに慌てないですむよう、「脱血不良」をはじめとする透析トラブルの種類や原因、対処法をあらかじめ知っておきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【重要】心不全が起きることも!透析患者は高カリウム血症に要注意 

心不全

日本で透析治療を受けている患者は、32.5万人と言われています(日本生活習慣病予防協会調べ)。そのうち44%が「糖尿病」が原因で透析を始めていますが、透析患者が特に気を付けなければいけないのが高カリウム血症です。

主な症状としては、カリウムが尿から排泄されず、血中にカリウムが多くなり、不整脈などを引き起こします。早期発見・早期治療が重要と言われる「高カリウム血症」について深く掘り下げていきます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

透析患者でも意外に知らないシャントの種類~自己血管と人工血管~

シャントの種類

人工透析治療を受けるとなると、事前準備としてシャント手術を行います。しかし、人工透析にはシャントが必要ということは知っていても、その理由やシャントの種類については分からないという方もいるのではないでしょうか?

シャントには自己血管と人工血管の2種類がありますが、一体どう違うのでしょうか?改めてシャントについて、詳しくご紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徹底比較!在宅透析と施設透析のメリット・デメリット

比較

現在、日本国内の透析患者数は約32.5万人いますが、97%は病院などへ通院して透析治療を受けています。

しかし、他に選択肢がないわけではありません。まだ1%にも満たない数ですが、自宅で血液透析を行っている患者もいます。

では、自宅で行う「在宅透析」と通院する「施設透析」は何がどう違うのでしょうか?それぞれの特徴や治療にかかる費用などをまとめてみました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加