糖尿病の基礎知識

【チェックポイント10選】糖尿病になりやすい生活習慣とは

糖尿病遺伝

糖尿病であると診断された多くの患者さんは「まさか自分がなるなんて」と感想をもらす人が多いです。診断後……時間が経過すると「不安」「孤独感」「失望感」にさいなまれます。

糖尿病にならないためには、日々の生活習慣を見直し予防に努めることが重要です。糖尿病になりやすくしてしまう生活習慣をひとつひとつチェックしていきましょう。当てはまるものが多かった人は、糖尿病予備群である可能性も高いので要注意ですよ。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

迅速に対応を!糖尿病で起こる低血糖への対処法を知ろう

糖尿病と低血糖の関係

低血糖は薬物治療を行う人にとって最も怖い症状です。特にインスリン療法中は、低血糖に注意する必要があります。

低血糖になる理由は、「注射をするタイミングや量を間違った」「食事時間が遅かった・忘れた」「激しい運動や長時間の運動をした」などなど。今回は低血糖の発症原因や自覚症状など詳しくご紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病の検査はどのようなものがあるのか?

糖尿病検査

糖尿病は、血糖値が上がる症状によって、様々な合併症を引き起こすことがある怖い病気です。しかも病状の進行は、仕事や運動、ストレスの量など日常生活と密接な関係があるにもかかわらず、かなり進行しないと自覚症状が出ません。そのため検査による早期発見・早期治療が治療成功のカギとなります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

放っておくと怖い糖尿病。怪しいと感じたらすぐ検査を

糖尿病検査

糖尿病は、きちんと血糖をコントロールできていればそれほど恐れる病気ではありません。ところが、治療をせずに長い間放っておくと、やがて合併症を引き起こします。糖尿病の合併症で代表的なのは「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」「糖尿病神経障害」 の3つですが、糖尿病は脳梗塞や心筋梗塞のように命を落としかねない重大な病気の発症にも関わっています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人工透析の原因第1位!糖尿病性腎症ってどんな病気なの?

糖尿病性腎症

糖尿病性腎症を引き起こす最大の要因は高血糖、つまり糖尿病です。

血糖のコントロールがきちんとできていれば問題はありませんが、それができずに高血糖状態が長く続くと、やがて糖尿病性腎症を発症し、人工透析を生涯にわたって続けなければならなくなってしまいます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱却しよう!糖尿病予備群のリスクと改善に重要な4ポイント

糖尿病予備群について1

厚生労働省が発表した「平成24年度国民健康・栄養調査」によると糖尿病が強く疑われる者の割合は、男性 15.2%、女性 8.7%でした。平成19年度の調査と比較すると男性は変わらず、女性は増加傾向にあります。

この調査結果をさらに読み進めると、特に糖尿病の発症は働き盛りの40歳以上が多く、中高年だけで見ると糖尿病予備軍を含めると4、5人に1人が発症しています。まさに中高年世代の現代病と言っても過言ではありません。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺伝だけじゃない?家族が糖尿病でも予防できる理由とは

糖尿病遺伝

糖尿病は遺伝するという噂を耳にしたことはありませんか?うちは糖尿病家系だから気をつけなければ、という話を聞くこともありますよね。糖尿病は本当に遺伝する病気なのでしょうか。

今回は、糖尿病と遺伝の関係について説明します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この症状、糖尿病?体のサインと進行させないポイントとは

初期症状

糖尿病は発症していても自覚症状が出にくく、症状から病気を見つけることが難しい厄介な病気です。実は何年も前に発症しているのに、症状に気付かないまま治療もせず長い時間を過ごしてしまうケースも少なくないのです。

症状がないから大丈夫、なんてことは決してありません。糖尿病と診断された時には、すでに合併症の兆候が見られる患者さんも多いといいます。

定期的に健康診断を受けるとともに、体が発するさまざまなサインを見逃さないよう、日頃から自分自身の体の変化に気を配っておくことが大切です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早期発見が鍵!糖尿病性腎症で透析患者にならない唯一の方法

糖尿病性腎症

全国で31万人余りの患者さんが受けている透析治療。その1番の原因が、糖尿病の三大合併症の一つである糖尿病性腎症です。

糖尿病性腎症が原因で透析治療を受けている患者さんは全体の約38%、新しく透析治療を始めた患者さんに限ってみると約44%にのぼり、その割合は年々増加する傾向にあります。

そんな糖尿病性腎症は、実際にどのような症状が出るのでしょうか?予防のためにも、実際に症状が出る進行段階から発見方法まで詳しくみていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加