糖尿病は秋から冬にかけて悪化する!?その理由と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秋のお米

糖尿病治療では毎日の血糖コントロールが重要になりますが、糖尿病患者の中には秋から冬にかけて血糖コントロールが上手くいかないと訴える人が多く見られます。

季節の変化で血糖値が影響を受けることは本当にあるのでしょうか?

血糖値が上がる季節、下がる季節

季節による血糖値の変動については、今までにいくつもの報告がありました。日本では、福島・東京・三重・和歌山・島根・大分など、各地で調査が行われています。日本国内だけでなく、海外でも同じような疫学調査が行われています。

調査ではいずれも、HbA1c(ヘモグロビンA1c)の数値が1~3月に高くなり、8~10月に低くなるという結果になりました。

HbA1cとは、血球中のヘモグロビン(HbA)が糖と結合したものです。血糖値が高くなるとHbA1cの数値も高くなり、血糖値が低くなれば数値は下がりますが、HbA1cが血糖値を反映するには時間がかかります。そのため、HbA1cの数値を調べると約1~2ヶ月前の血液の状態が分かるのです。

つまり各地で行われた研究の結果では、血糖値は秋から冬にかけて高くなり、夏には低くなるという傾向があったということになります。

さらに詳しく調べると、HbA1cの変動には男女差はほとんどありませんでした。しかし、若い世代の方が変動の幅が大きいという傾向が見られたのです。また、食事療法を行っている糖尿病患者は変動が少なく、インスリン注射を行っている患者は変動が大きいという傾向もありました。

「実りの秋」「食欲の秋」が悪化の原因!?

なぜ季節によって血糖値が変化するのかは、まだはっきりと分かっていませんが、季節による生活の変化が原因だと見られています。

秋から冬にかけては、食べ物がおいしくなる季節です。特に、秋に実る梨・柿・みかんといった果物は糖度が高くて美味しいのですが、果物の食べ過ぎで糖尿病を悪化させてしまう例もあります。

また、年末年始は忘年会・新年会といった行事が多くあります。そういった機会に、つい食べ過ぎてしまうことも関係しているとみられています。さらに冬は寒いため、どうしても運動量が少なくなってしまうという人も多いのではないでしょうか。そういった日常生活の変化が重なって、秋から冬にかけては血糖値が上昇してしまうのです。

食欲の秋

季節による血糖値の変動を避けるには

夏の暑さで落ちていた食欲も、秋になると戻ってきます。しかし、血糖値を安定させるためには食べ過ぎないよう心がけることが大切です。

食べる順番にも気を配りましょう。最初にサラダやおひたしといった野菜料理を食べると、血糖値の急激な上昇を抑えることができます。糖度の高い果物は、体を動かしている日中に摂るようにしましょう。また、夕食後に果物を食べると、果糖が体に貯まりやすくなります。

シルバーウィークや年末年始の長期休暇中は、ついだらけてしまいがちです。気がつくと、一日中なにかを口にしていたということも。だらだら食べをしないように心がけ、食べた量をきちんと把握するようにしましょう。

また、寒いからといって動くのを面倒がらず、こまめに体を動かすようにしましょう。激しい運動をしなくても、30分ごとに5分間立っているだけでも血糖値を下げる効果があったという研究報告もあります。

まとめ

血糖値には、日々の生活が大きく反映されます。秋から冬にかけては血糖値が上がりやすいということを頭に入れ、これまで以上に注意して生活習慣を整えたいものです。

ただ、勝手な判断で食事を減らしたり運動量を急激に増やしたりすると、糖尿病に悪影響を与えることもあります。必ずかかりつけ医師に相談して、糖尿病とうまくつきあっていくようにしましょう。

SNSでもご購読いただけます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>